« 日本古代の謎・疑問 <作文中> | トップページ | 各文献をつなぎ合わせた「生駒の神話」 »

古代日本の地形   

 魏志倭人伝に「倭人は帯方の東南大海の中にあり。山島さんとうに依りて国邑くにむらをなす」となっているように、卑弥呼の時代(弥生時代後半)になっても、「山島」(山が海ぎわまで迫っていて平地に乏しい地形)と呼ばれる地形が日本の地形であった(古代日本の地形想定地図奈良湖河内湾ご参考)

 つまり、日本列島は島と海辺と川と山だけで、のちの平野部分はほとんど海水で覆われていた(現在の平野を流れている川は、海水が引いたのちの海の跡である)。そのため、「国生み神話」(ご参照)にも平野(平地)を生んだという表現はない。

 現在とは異なり、平地に乏しい分ぶん海は内陸深く入り込み入江となっており、現代人の想像以上に、船を使えば、短時間で遠くでもどこへでもいくことができた(陸路はほとんど、必要なかったし、なかった。現在でも近江八幡などでは田んぼにいくのに船で行く。そんな感じだった)。

 現在の平野部分はほとんど海水で覆われていて、海は内陸深く入り込み入江となっていた。このことを押さえておかないと古代の日本のことは理解できない。

 その例として、玄界灘と有明海の間は、現在では陸地になって船は通行できないが、魏志倭人伝が書かれた時代には水道となっており船が行き来していた(ご参照)。現在の地形だけを考慮して魏志倭人伝の記載に従って邪馬台国の位置を探すことをしている(古代には玄界灘と有明海の間は水道となっていて船が通行していたなど古代の地形を考慮していない)から、邪馬台国はどこにあったかがいつまでたっても分からないのである。

 なお、現在内陸にありながら「津」「崎」「浦」「櫛羅くじら」(注)など海にかかわる文字を含む地名のつくところや貝塚のあるところは古代は海辺であったところである。

    (注) 葛城山への登山者は登山口付近に櫛羅という地名がある(ご参照)ことをいつも疑問に思っている。

 最近頻発している水害の被害地の多くは古代に海水で覆われていたところで、防災についても、古代の地形を考慮すべきとの意見が出されていて、古代に海水で覆われていたところでは、そのことを考慮すべきときにきている。

 古代の地形を重視しようという機運は、古代史研究、防災事業のほか、まちづくり・観光等の分野でも高まってきており、それを背景に人気番組となったのがブラタモリである。

 なお、気候についても考慮しなければ疑問が増える。たとえば、現在冬になれば雪で覆われるようなところになぜ三内丸山のような大規模集落があったのか、など。

なぜ*

  

« 日本古代の謎・疑問 <作文中> | トップページ | 各文献をつなぎ合わせた「生駒の神話」 »