« 富雄丸山古墳     | トップページ | 資 料        »

「邪馬台国=富雄川流域」説       

   ~以下は、「邪馬台国=富雄川流域」説を支持する資料~

(4)長髄彦ナガスネヒコは「「生駒地域の首長だっただけでなく、饒速日命にぎはやひのみことの率いる邪馬台国連合の総大将であった」<村井康彦著『出雲と大和―古代国家の原像をたずねて』(岩波書店).pdf

(3)「卑弥呼=三炊屋媛」説 ・ 「長髄彦=卑弥呼の兄 」説 ・ 「長髄彦の意味=富雄の丘陵の大夫」説⇒神話語句(人名・地名等)を縄文語(アイヌ語)で読むと。 をご参照

(2)「富雄丸山古墳=卑弥呼の墓」説

(1)前田一武 「邪馬台国とは何か。 邪馬台国・富雄川流域説 

« 富雄丸山古墳     | トップページ | 資 料        »