« 「富雄丸山古墳=卑弥呼の墓」説 | トップページ | 「邪馬台国=富雄川流域」説      »

富雄丸山古墳    

 ⑦矢田丘陵中央部の榁木むろのき峠を越える暗越奈良街道(現国道308号/直越ただごえの道の1つ)を榁木峠から奈良方面に下った富雄川手前の矢田丘陵東麓にある(地図.jpg)。 

 ⑥直径109mと判明(報道記事.jpg報道記事.jpg

 ⑤最大の円墳 空から確認.jpg

 ④4世紀後半の富雄丸山古墳.jpg

 ③「富雄丸山古墳=卑弥呼の墓」説(関連 : 「邪馬台国=富雄川流域」説

 ②「最大の円墳」であることが判明ミラー

 ①②の以前(「円墳としては最大級の規模」といわれていたとき)の資料⇒出土品説明  ・ 説明所在地説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 「富雄丸山古墳=卑弥呼の墓」説 | トップページ | 「邪馬台国=富雄川流域」説      »