« 日の本(ヒノモト)/日高見(ひだかみ) | トップページ | 折口信夫の長髄彦論 »

梅原猛『海人と天皇-日本とは何か-』注記(執筆:西川照子)

 長髄彦:トミビコとも言う(『古事記』)。登美、鳥見の字を当てる。妹の名は三炊屋媛、長髄姫あるいはトミヤヒメ。ニギハヤヒの妻。ニギハヤヒは、義兄・長髄彦を殺す。天磐船に乗って天降った、天孫・ニギハヤヒは、なぜ、大和の鳥見に居していたと思われる長髄彦と兄弟関係を結びながら、神武の大和入りに際して、義兄を殺すのか。ニギハヤヒは神武以前の「大和の王」である。しかし神武がニギハヤヒを征服すると、ニギハヤヒの“天皇”としての威霊を支えていた「トミビコ・トミヤヒメ」の兄妹神の力も滅びるのである。つまり長髄彦の死は、ニギハヤヒの神としての零落を示すのである。ここで、ニギハヤヒと長髄彦の関係は逆転する。長髄彦を殺したニギハヤヒは、その霊を祀らねばならぬ。故に彼は「霊部/モノノベ」(物部)となるのである。「神」は零落し、「神を祀る者」となる(折口信夫『鳥見彦・長髄彦』参照<引用者:折口信夫『鳥見彦・長髄彦』はここ.pdfに記載されています神々の系譜より引用>

« 日の本(ヒノモト)/日高見(ひだかみ) | トップページ | 折口信夫の長髄彦論 »