« 縄文(縄文時代・縄文人)と弥生(弥生時代・弥生人)   | トップページ | 日の本(ヒノモト)/日高見(ひだかみ) »

佐保姫と竜田姫、そして登美彦<佐保姫・桜・稲作・弥生/竜田姫・紅葉・狩猟・縄文>     

◎古来、春の野山を彩る女神を佐保姫さほひめといい、秋の草木を染め抜く女神を竜田姫たったひめと呼ぶ。いまふうの言葉で言うなら春のパレット、秋のパレットである▼春は桜、秋なら紅葉。どちらが心にしみいるか、と先頃の本紙別刷り「be」でアンケートをしていた。結果は桜派が51%、紅葉派は49%。がっぷり四つと相撲に例えては、姫にそぐわないか。~以上、「天声人語」(15.12.3/朝日新聞)より~

10西之京丘陵と佐保・佐紀丘陵~笠置山地の間を流れるのが佐保川で、この川の流域の山の神霊が佐保姫。生駒山地と矢田丘陵の間を流れるのが竜田川で、この川の流域の山の神霊が竜田姫。両川を取り持つように西之京丘陵と矢田丘陵の間を流れるのが富雄とみお(登美の小とみのお川とも呼べる)で、この川の流域を本拠地とするのが「登美彦長髄彦」で、彼は2人の姫にはさまれています。 <右地図ご参照(クリックで拡大)

◎佐保姫・桜・稲作・弥生/竜田姫・紅葉・狩猟・縄文

 花見には稲作農耕の豊穣をもたらす桜の霊力への信仰があるように、秋の狩猟開始期にあたる紅葉狩り(もみじがり)には山や狩猟文化との深い関わりが想像される<朝日新聞(12.11.22)>

   ※弥生時代、人々は桜の花が咲き始めると水田の準備に取りかかり、籾もみを蒔いた。桜の「サ」は、早苗(サナエ)、早乙女(サオトメ)、五月(サツキ)の「サ」と同じく山の女神を意味する言葉であり、「クラ」は神霊が依り鎮まる「座」を意味しているといわれている。つまり桜は、山から下りてくる農耕の神が田に入る前に宿る神聖な樹なのである。稲作農耕をなりわいとする弥生人にとって最も大切な稲作の開始時期を、桜が教えてくれていたのである。

   ○09_2華やかな一色に染まり、盛りとととに風に吹かれてさっと散る。その散り際がよしと愛でられるよりも、寒空に散るもみぢを好む人は多い(→右に掲載の「折々のことば」<クリックで拡大>より)。

◎この記事は、生駒検定<問20>解説欄に記載されています。

 

« 縄文(縄文時代・縄文人)と弥生(弥生時代・弥生人)   | トップページ | 日の本(ヒノモト)/日高見(ひだかみ) »