« 「生駒」の語源・由来・いわれ | トップページ | TOP PAGEへ »

古代日本における生駒山の不思議と謎   

(1)伊勢神宮の20年に1度の遷宮と出雲大社の60年ぶりの遷宮が重なった2013(H25)年にはこの2つの位置関係が注目され、この2つを結ぶ線は平城京の真上を通るという不思議が指摘されています(解説記事.pdf)。同様の古代日本における不思議は、以下のように生駒山についても存在します。

<1>「大和岩雄『日本の神々3』白水社」の中で指摘されているもの

 ①Kentei2ikomayama生駒山の最高峰地図.jpgから真西に難波宮地図.jpg解説)がある(いずれも北緯34度40分)。<右地図ご参照(クリックで拡大)

     奈良・大阪 太陽の道

 ②磐船神社哮ヶ峯たけるがみね=生駒山の北端」にある / 太陽神の性格を持つ饒速日命にぎはやひのみことを祀る)は難波宮大極殿跡からみて、ちょうど夏至の日の出の位置にあたる。

 ③日本最古の神宮である石上神宮いそのかみじんぐう饒速日命の子である宇摩志麻治命うましまじのみことなどを祀る)からみると、生駒山の山頂に、夏至の夕日が落ちる。

<2>「東アジアの古代文化」(第78号 '94年冬)大和書房で指摘されているもの

 ○大隅宮(応神天皇の宮)からは、生駒山が冬至の日の出線上にある。

<*>これらの不思議は、饒速日命と太陽信仰のかかわりに関係があるのではといわれており、生駒山は古代日本において特別な位置を占めていたようです。

Photo (2)古事記(記)は天皇の権力の正統性の確立を、日本書紀(紀)は皇室の歴史上での位置づけをそれぞれ目的として書かれたともいわれています。このような「記紀」がなぜ皇軍の栄光を貶おとしめるような生駒山(孔舎衛坂くさえのさか)の戦い(皇軍-即位して神武天皇となる磐余彦尊いわれひこのみことの軍-が長髄彦ながすねひこ軍に敗北)<右図:孔舎衛坂の戦場位置→(クリックで拡大>を記載せざるを得なかったのかも生駒山をめぐる謎となっています。また、「記紀」では、皇軍が生駒山の戦いで敗北したのは、太陽が沈む西から太陽が昇る東にいる敵(長髄彦、その義弟は饒速日命)に立ち向ったためとしています。これも、生駒山と太陽信仰のかかわりを示唆しています。

« 「生駒」の語源・由来・いわれ | トップページ | TOP PAGEへ »