« 金関恕+大阪府弥生文化博物館 『弥生文化の成立』 | トップページ | 喜田貞吉 『本州における蝦夷の末路』 »

折口信夫 『大嘗祭の本義』

 天子様は倭を治めるには、倭の魂を御身体に、お附けにならなければならない。譬へば、にぎはやひの命が、ながすね彦の方に居た間は、神武天皇は戦にお負けなされた。処が、此にぎはやひの命が、ながすね彦を放れて、神武天皇についたので、長髓彦はけもなく負けた。此話の中のにぎはやひの命は、即、倭の魂である。此魂を身に附けたものが、倭を治める資格を得た事になる。

 此大和の魂を取扱つたのは、物部氏である。ものとは、魂といふ事で、平安朝になると、幽霊だの鬼だのとされて居る。万葉集には、鬼の字を、ものといふ語にあてゝ居る。物部氏は、天子様の御身体に、此倭を治める魂を、附着せしむる行事をした。

« 金関恕+大阪府弥生文化博物館 『弥生文化の成立』 | トップページ | 喜田貞吉 『本州における蝦夷の末路』 »