« 神武天皇聖蹟調査報告(編集:文部省/1942年)   | トップページ | 若者の心をつなぎとめる理想や物語を »

神々の総称いろいろ  

天津神天津族(あまつかみ・あまつぞく) 天津神は、天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)から始まり、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が降臨する以前に、天照大神(アマテラスオオミカミ)をはじめ高天原に生まれた神々、および、天孫とともに高天原から葦原中国あしはらのなかつくにに降臨した神々のことを指す。ただし、素戔嗚尊(スサノオノミコト)は高天原を追放され、出雲に降ったため、国津神となった。歴史的には、渡来して九州にいた集団のことで、天津族という。津は「の」の意。 

天神(あまつかみ・てんじん・てんしん) 天津神あまつかみのこと。

天神之御子(あまつかみのみこ) 天神の子

天神御子(あまつかみみこ) 天神である子。または、天神である天照大神(別称:天照御魂大神・大歳御祖皇大神・天照御魂大神・天照魂大神)の代理者のこと。

出雲系の神々出雲神)・出雲族出雲神族) 出雲系の神々(出雲神)とは、高天原を追放されて出雲に降った素戔嗚尊を祖先とする神々(大国主命など)のことで、歴史的には、出雲の国をつくった集団のことで、出雲族(出雲神族)という。

国津神・国津族(くにつかみ・くにつぞく) 国津神は、天津神以外の神で、素戔嗚尊大国主命をはじめとする出雲系の神々が代表格。歴史的には、天津族以外の集団のことで、津族という

皇祖(こうそ) 天照大神や神武天皇など天皇の先祖のこと。

皇祖神(こうそしん) 天皇家の祖とされる神で、一般的には、天照大神のことを指す。しかし、中には、神話の2番目に登場する高御産巣日神(タカミムスビノカミ)を指すとの指摘もあるが、天皇家の始まりを意味するという点では、使い方は同じである。更には、皇祖という言葉から捉えれば、天照大神から神武天皇まで代々の総称を指す場合もあり、神話上で語られる天皇家のもととなった神々と言い換えることができる。

皇孫(こうそん) 天照大神の孫である瓊瓊杵尊ニニギノミコトのこと。

神祖(しんそ) 天照大神の尊称。

皇神(すめかみ・すめがみ) 神を敬っていう語。または、皇祖神のこと。

皇御祖(すめみおや) 天皇の先祖、すなわち歴代の天皇やその母親。また、特に、皇祖の天照大神のこと。

地祇(ちぎ) 国津神の別表記

天神(てんじん・てんしん・あまつかみ) 天津神あまつかみのこと。

天祖(てんそ・あまつみおや) 天皇の祖先。一般には天照大神をさすが、古くは瓊瓊杵尊ニニギノミコトをさしたこともある。天照大神から神武天皇を生む草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)までをいうこともある。

天孫・天孫族(てんそん・てんそんぞく) 天孫とは、天津神の子孫のこと。天(天照大神)の孫という意味では、瓊瓊杵尊ににぎのみことのこと。歴史的には、天津族の子孫のこと。

« 神武天皇聖蹟調査報告(編集:文部省/1942年)   | トップページ | 若者の心をつなぎとめる理想や物語を »