解 説 

新編 生駒の神話』についての解説

【1】この昔の物語の名前 

(*)昔の話の呼び方には、説話・民話・昔話・伝説・伝承・神話・俗話・寓意などがあり、それらを基にしながら創作した話は、新訳・新編・翻案・訳編などといいますが、取り敢えず、『新編 生駒の神話』といたします(今後、変更することがあるかも知れません)。 

【2】この物語を記すにあたって依拠・参考にしたもの⇒参考文献等ご参照

【3】主人公・舞台

主人公 長髄彦  饒速日

舞台 奈良(大和)湖河内(古大阪)湾  豊秋津洲とよあきつしま

      長髄彦饒速日の本拠地・・・生駒神話ゆかりの古蹟が集中している生駒四河川の源流・分水嶺地帯(生駒の地図・写真ご参照)とそ周辺

      神武東征の目的地・・・当初は長髄彦饒速日の本拠地であったが、のち、移行した(神武東征ご参照)。  

【4】物語の構成 

(1)【3】を主人公・舞台とし、できるだけ【2】の依拠・参考にしたものに記されたものから、物語を構成する上で最適な記述を選び、それらを組み合わせて筋の通った物語を構成するように努めました(このような、既述の文献に記されたものを組み合わせて神話を構成していく方法は記紀と同様のやり方です)。 

(2)その際、生駒の神話は郷土生駒の人物・神を魅力的に描かねばならないことは当然であり(それが郷土の昔の話というもの)、そのような人物・神について、魅力を減じさせるような通説・記述※は、できるだけ荒唐無稽にならないように、あるいは、異説があればそれに沿って、魅力が減じないように解釈・記述し直しました。神話というものは本来、口から耳へ、耳から口へと語り伝えられた、口頭による伝承として存在し、記録のさいに、筆録の目的、あるいは筆録者の条件によって、整理されることが多く、削除・省略があったり、逆に付加があったりもし、そこには潤色や作為が作用するものとされています(上田正昭「日本人“魂”の起源」.pdfご参照)。

    ※例えば、長髄彦は性質がよくなく、義理の弟(妹の婿)である神または甥(妹の息子)に裏切られて殺されてしまうのが通説(書紀や旧事紀の記述)で、そのように通説は長髄彦やその義理の弟(妹の婿)である神や甥(妹の息子)を悪く描いています。 

(3)普遍性(多くの人が理解できる内容)を得るため、まったくの創作(【2】に記したものにまったく依拠しないもの)はできるだけ避けるように努めましたが、【5】に記された疑問点(記紀等の通説が述べていないこと、矛盾することなど)は、解明し、または筋の通るように解釈し直しました。 

(4)以上に従い、【5】に立脚し、【6】を踏まえて、この物語の枠組み(パラダイム)を設定した上で物語を構成していきます。

(*)物語の作り方/物語のでき方物語の組み立て方の参考例.pdfなど)

【5】立脚点<そのいくつかは、疑問点に対する答>

【6】留意点

生駒を舞台とする日本神話(生駒の神話)についての解説

【1】生駒の神話と現在 / 非戦・避戦の精神の系譜  「長髄彦とイワレヒコの戦い」と「象徴天皇制」 / 生駒の神話と天皇制

戦い忌避神話である生駒神話は、戦い忌避伝承である生駒伝承と符号・共鳴している。生駒の神話は、「縁起の法」の神話化であるとも考えられる<縁起の法ご参照>。

Q&A

 Q.神武天皇はさほど高くない生駒山をなぜ越えられなかったのでしょう?

  A.現代の内陸の移動手段は車ですが、車で移動する場合、陸路を走ってきて、水深1メートル程度の川にぶつかり橋がない場合、たとえその川の幅がさほど広くなく1メートル程度でも越えられません。

   古代には車はなく内陸でも移動手段は船です(入江・川・湖沼に道があった)。船で移動する場合、水上を走ってきて、高さ100メートル程度の山にぶつかり水路がない場合、たとえその山の奥行がさほど深くなく100メートル程度でも越えられません。だから神武は生駒山を超えられなかったのです。

   古代にあっては、海・川・湖沼こそが道であり遠隔地をつなぐもので、陸こそ障壁だったのです。日本列島を囲んでいた海は障壁どころか、その反対の遠隔地をつなぐものだったのです。

日本古代の謎